フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

Arduino

2019年1月16日 (水)

もしもArduinoでiPadをタップできたら…②

もしもArduinoでiPadをタップできたら…」という記事で、思い付きでiPadタップマシンを試作しました。

せっかくなら、もう少しそれらしく仕上げたいなと思い、Amazonでいくつかのものをポチりました。

Arduino用ユニバーサル基盤
Img_5723
Arduinoに差し込むシールド型の基盤を作れるユニバーサル基盤です。初ユニバーサル基盤挑戦です。

導電スポンジ

Img_5722
名前のまんまです。電気を通すスポンジです。前回の試作でタッチペンが邪魔だったので、これを使ってみます。

モバイルバッテリ(IoT対応)
Img_5721
モバイルバッテリです。ArduinoはPCに接続しているとUSBから給電します。その代わりに外部電源にスマホ用の一般的なモバイルバッテリを使用すると、Arduinoが動いてないときには、電源供給が勝手にストップしてしましまいます(スマホの過充電を防ぐための機能)。この製品はIoT機器対応となっており、電源の自動ストップがありません。乾電池を使う方法ももちろんありますが、今回はこれを使ってみます。

Googleで、「ユニバーサル基盤 使い方」等々検索し、前回ブレッドボードで作った回路を基盤の上に再現していきます。
本来は、基盤の裏で配線するようですが、ジャンパー線がいっぱいあったので、基盤の表からそれを刺して配線することにしました(基盤を裏にすると、わけわからんくなるんじゃい)。

なんだかよくわからないけど、何とか基盤完成。Arduinoと合体させ、動作確認。
Img_5734
…動いた。動いたからきっと大丈夫。

サーボモーターには、サーボホーンに付けた銅針金に、導電スポンジを小さく切ったものを巻き付け、導線で基盤のGND(-)に配線しました。熱収縮チューブで固定しています。
Img_5735
…なんかかっこ悪い。けどいいや。

タッパーに穴あけ加工をして、詰め詰めして、全体像は、こんな感じです。
Img_5731

さあ。iPadに貼り付けて、いざお試し…
Img_5730
ドドーン(花火の音)

わーい。無事動きました。

いくつかのアプリで試してみたので、動画 (Youtube)でご覧ください。



…マリオランは苦手です(そもそも)。
うーん。やっぱりサーボモーターは邪魔かなあ…。でもi+Padタッチャーよりも「操作した感」はあるような気も。まあ、お楽しみ趣味工作なので、これでよいのです。

以上、趣味のArduinoの時間でした!