フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

micro:bit

2020年1月18日 (土)

【20200118】Ommyz LT(ラッチ&タイマー)

前回の記事で、micro:bitとリレーモジュールを使った、タイマーリレーを作ってみました。


そこにラッチ機能も追加できないかと、試行錯誤。何とか動きました。



というわけで、とりあえずOmmyz LT(ラッチ&タイマー)と名付けてみます。ラッチ&タイマーという名称はまずい気がするので。


まほろばさんのサイト(http://mahoro-ba.net/e2107.html)を参考に、こんな感じになりました。ケースや穴あけ加工については、まほろばさんを参考にしてください。ちなみにあたしはダイソーのFood Container ミニパック(角4pcs)てのに収めました。


1_20200118225101


試してみたいという方は、こちらのPDFをご覧ください。


ダウンロード - ommyz_latch26timer.pdf


micro:bitへ転送するプログラムはこちら。


ダウンロード - microbitommyz_latchandtimer20.hex


転送方法は、こちらのまほろばさんの記事(http://mahoro-ba.net/e2039.html)の「●ソフトの書き換え」のところを参考にしてください。


 


まあ。あくまで趣味の範囲で…。(逃げ)


安定して、長く使う必要がある方は、既製品を購入しましょうね。

★スイッチラッチandタイマー(パシフィックサプライ)

https://www.p-supply.co.jp/products/index.php?act=detail&pid=517

 


 

2020年1月16日 (木)

【20200116】micro:bitでタイマーリレー 後半戦

さて、ここからは、micro:bitにプログラムを吹き込んでいきます。

こんな感じです。

デキる人ならば、もっと簡潔なものができるのでしょう。デキない人なので、何とかするしかありません。

Saisyodake

ここでは、micro:bit起動時の状態を指定しています。あ、「変数 鳴動中」は、削除ミスです。今回は使いません。

Zutto

ここでは、どんな動きをさせるのかを指定しています。

Apush

Aボタンを押したときの指定(=タイマー時間の設定):最大値を1分にしています と、

Bpush

Bボタンを押したときの指定(リセット的な)。

1push

そして、端子1(外部スイッチ)を押したときの指定。リレー動作中に外部スイッチを押したときの再スタートを避けるために、LED表示を無効にする動きを挿入してごまかしています。

よくわかんないけど、ネットでサンプル拾ったりして、いろいろ試して動いたのでよしとします。

https://youtu.be/UsKZQdXusok  

にゃんこがこんな感じに動きました。

とりあえず、趣味の時間おわり。次回はラッチ機能追加に挑戦します。

 

【20200116】micro:bitでタイマーリレー 前半戦

趣味タイムの記事です。

まほろばさんのサイトで公開されている、micro:bitを利用したラッチ&タイマー。

http://mahoro-ba.net/e2107.html

こちらを参考に、micro:bitでタイマーリレーを作ってみることにしました。ラッチ&タイマーのラッチ抜きですね。経験的に、ラッチ機能はあまり使わないので、タイマーのみを実装しようと思います。

さて、スイッチサイエンスさん(https://www.switch-science.com/)で、こんなモジュールを見つけました。

Ed72927111a94d3084708e1aeaf7fa75 micro:bitを使ってリレー回路を作ることができます。

https://www.switch-science.com/catalog/5283/


まほろばさんのサイトでは、リレー回路を作られていますが、知識の乏しい者にとっては、モジュールを購入したほうがコスパがよいのです。1,650円。micro:bitの0端子からの出力を信号にして、リレーをオンすることができます。


micro:bitと合体すると

Img_2761 Img_2762

こんな感じになります。ここに、外部スイッチからの入力のための配線と、リレーから出力させるための配線をつないでいきます。

Img_2763 Img_2764

圧着端子に配線をつけて、ネジ止めします。

Img_2769_20200116232201

ちょっと暗くてわかりにくいですが…、

出力用:リレーモジュールの両端の端子に配線をし、反対側には3.5モノラルプラグを接続。

入力用:micro:bitの端子1とGND端子に配線をし、反対側には3.5モノラルジャックを接続。

右上に見えるのは専用電池ボックス(単4×2)です。これもスイッチサイエンスさんで購入できます。

 

これで、おおまかなハードは完成です(最終的にはケースにぶち込みます)。

 

続く。